経営者の皆様。こんな時代だからこそ、中古車リースという選択をしませんか?
「経理対策」としてだけではなく「コスト対策」!
『 新古車 』『 中古車 』をリースすることでコスト節約、経費対策のお手伝いをさせていただきます。
中古車リースに「チェンジ!!」

このサイトを正しく閲覧するには、最新のFlash Playerが必要です。
こちらからダウンロードしてインストールしてください。

中古車リースのメリット

「経理対策」としてだけでなく「コスト対策」としてリースをお勧めします!

規制緩和や環境対策、社用車を必要とする経営者様にはシビアなコスト削減が求められています。

当初の事業計画にない 急な増車が求めらる時に初期コストを抑え事務手続きの負担を軽減できるのがリースです。

リースは 残価設定が可能なため月々のリース料金を事前の残価設定により調整することが可能です。

メリット1 〜残価の設定により、予算に合ったリース料を選択〜

購入とは違い一度に多額の資金を必要としない為、金融機関の借り入れ枠を温存することが可能です。

メリット2 〜柔軟なリース期間の設定〜

リース期間を1年〜5年、更に契約終了時最長プラス3年間、期間を設定する事が可能です。

事業内容の変化によって、返却、期間延長、増車、代替、買い上げ、と選択肢がさまざまです。

メリット3 〜事務手続きの簡素化〜

現金購入では毎年の自動車税や車検費用などその時々で資金が必要になりますがリースでは不要です。

新車・中古車問わず、月々のリース料金に車を維持する為の法定費用が含まれているため、月々のコストが明確になります。

さらに契約期間が終了すれば契約解除や継続リース契約のお手続きを当社が全て行います。
その為事務手続きの簡素化とコスト削減が可能になります。

メリット4 〜税金対策が可能〜

リース契約条件により税務上経費として帳簿処理が可能です。
その為通常の購入よりも税金面で有利になります。