経営者の皆様。こんな時代だからこそ、中古車リースという選択をしませんか?
「経理対策」としてだけではなく「コスト対策」!
『 新古車 』『 中古車 』をリースすることでコスト節約、経費対策のお手伝いをさせていただきます。
中古車リースに「チェンジ!!」

このサイトを正しく閲覧するには、最新のFlash Playerが必要です。
こちらからダウンロードしてインストールしてください。

中古車の耐用年数について

@法定耐用年数を全部経過したもの

法定耐用年数×20/100
例)自家用普通車 7年経過
6年×20%=1.2年→2年未満なので、リース期間は2年となり、最短1年、最長3年となります。

A法定耐用年数の一部を経過したのもの

(法定耐用年数−経過年数)÷経過年数×20/100)

例)自家用普通車4年(48ヶ月)経過
(6年-4年)+(4年×20%)=(72月−48月)+(48月×20%)=33.6ヶ月
33.6ヶ月=2年9ヶ月→リース期間は2年となります。(1年未満切捨て。)
※2年未満の場合は上記※項目に該当するため、リース期間は2年(最短1年、最長3年)になります。

※注意点
@リース期間の計算は、月数・初年度登録からの経過月数にて計算をしています。商談が月数を跨ぐた際、リース期間が変わる恐れがありますので商談の際は商談期間、登録予定月を含めて計算をお願いします。
A耐用年数には、自家用・営業用・用途により耐用年数は異なりますのでリース期間設定の際は、ご注意下さい。詳しくは車検証・車両情報にてお問合せ下さい。

自家用(一般)リース期間目安表

軽自動車   初度登録月数より 新車(当月登録車) 1ヶ月〜16ヶ月 17ヶ月〜    
最長 5年 4年 3年    
最短 2年 2年 1年    
貨物車   初度登録月数より 新車(当月登録車) 1ヶ月〜16ヶ月 17ヶ月〜31ヶ月 32ヶ月〜  
最長 6年 5年 4年 3年  
最短 3年 2年 2年 1年  
普通車   初度登録月数より 新車(当月登録車) 1ヶ月〜16ヶ月 17ヶ月〜31ヶ月 32ヶ月〜46ヶ月 47ヶ月〜
最長 8年 6年 5年 4年 3年
最短 4年 3年 2年 2年 1年

※上記リース期間は目安となります。詳しくは車検証および車両詳細にてお問合せ下さい。
※営業車、特殊車は上記期間とは異なりますのでお問合せ下さい。