経営者の皆様。こんな時代だからこそ、中古車リースという選択をしませんか?
「経理対策」としてだけではなく「コスト対策」!
『 新古車 』『 中古車 』をリースすることでコスト節約、経費対策のお手伝いをさせていただきます。
中古車リースに「チェンジ!!」

このサイトを正しく閲覧するには、最新のFlash Playerが必要です。
こちらからダウンロードしてインストールしてください。

中古車リースとは?

車の購入手段や保有のタイプはいくつもあります。

  • 「新車」にするのか、「中古車」にするか?
  • 「自家用車」か、「事業用社用車」か?
  • 「分割」で買うか、「現金一括」で買うか?
  • 自分の名義として買い上げるか、所有権留保のリースにするか?

事業用の車であれば以下の理由でリースが有効です!

企業会計上の理由

企業で自動車を購入すると固定資産に計上され固定費扱いとなります。

一方、リースで自動車を導入すると賃借料に計上され流動費扱いとなり100%経費として処理できます。

一般に固定費が増大するとバランスシートの柔軟性を失わせ企業体質の悪化要因になるので、生産に直接寄与しない自動車を流動費とする事で固定資産の圧縮を行えるメリットがあります。

運行管理の労力削減

自動車はその性質上、車検切れや税未払いの場合、車両に乗ることができない(企業活動が滞る)上、購入時期や種類により点検や支払いがバラバラになるため、企業の場合では台数に比例して車両管理の手間が煩雑になってしまうことがあります。

そこで、自動車の所有者が行うべき、

  • 自賠責保険
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税の支払い
  • 自動車リサイクル法におけるリサイクル券の管理

等をリース会社が行うことにより、契約者の車両管理の煩わしさを解消するのがカーリースのメリットです。

リース契約終了後

弊社では リース契約終了後 ご契約いただいた車輌をユーザー様が安価にて買い上げできるようにしています。

ご契約時 事前にご相談致しますが リース契約終了後、車輌残価+リサイクル料金+31,500円にて 所有権の変更手続きまでお手伝いいたします。